読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のあれこれ

日々見たもの聞いたもの思ったこと書いてます。

Webを昔から自分の遊び場にしてるやつはFacebookも遊び場ですよね?Facebookのポストを強いるなよーって思う原理主義者ですよね?

私の記事素晴らしいのであなたのFacebookタイムラインで投稿してくださいよ〜ニコニコ(^^ゞ

黙。

Facebookにタイムラインにタグ付けされるが完全許可制。無論自分は誰もタグ付けしない。

なんかそういう自分ルールがあることに気がついているわけなのですが、なんでなのといろいろと考えてみたのです。

FacebookTwitterなどが登場する前のあの混沌としたWebの時代からホームページビルダーなどでサイトを作り、kent-webでperlを覚えて掲示板を作り、EC-CUBEとかショッピングサイトが構築が簡単になったー!って仕事を請けたり。

Twitterが出てきたと言っても初期の頃は日本語が入力できず、なぜか最後に半角スペースを入れると投稿できてすごい喜んでいたの覚えている。

Facebookも海外の友達とkeep in touch!ということでお友達になって連絡をとっていただけのツールだった。当時のfacebookはNetworkという機能があって自分の属したNetwork以外は基本は見ることができず、友達が別のネットワークに属していればそのNetworkの友達が見れるという仕組みだった。自分のFeedなんて最近出来たようなものですが最初っからあったような感覚に陥るから不思議です。こういう昔のFacebookの機能を沢山覚えている方も少ないのかもしれません。

そういう昔からのWebを見てきた人らにとってのFacebokの使い方ってきっと何らかの特長あるよなぁって思っていたりするのですが。一体どんな感覚なんでしょうか。

私の感覚値ですが

  • Facebookは完全に自分が思ったことしか書いていない(そういう意味ではプライベートか)
  • 他人にタイムラインを荒らされたくない。タグ付けなどもしない (そういう意味でもプライベートだな)
  • 他人をタグ付けすることもしない (他人の遊び場は荒らさない)

なので、冒頭の言葉「私の記事素晴らしいのであなたのFacebookタイムラインで投稿してくださいよ〜ニコニコ(^^ゞ」なんて話は 完全に黙秘権行使。

ここで思うのは(すでに遅い)

「Webの遊び場って何よ?」

って話なんですが、自分がWebで見つけた物や考えたものをWebに集めていく、なんなんでしょ?収集癖なの?わかんないですが、そういう集めることが一つのWebの遊びなんだと思っています。

その代表格のTumblrは最高に面白くてYahoo!Flickrのように荒らされないことを願うわけですが。。Tumblrと違ってFacebookにあるのは、SNSの持つ「見て欲しい」という人間の欲です。。全く困ったものです。それがリアルに足入れしていれば入るほどややこしい。Tumblrのように「スキ」ボタンとReBlogではなんか物足りねーって気持ちになるからFacebookは恐ろしい。

Facebookマズローの欲求階級を完全に理解して作られてんの?なに?欲を完全に理解してんの?そう思うくらいです。

マズローの言葉を借りるのであれば「マズローの欲求5段階説」の社会的欲求を完全に満たすのがこのFacebookの見て!機能ですね。そして、リアルでいろんなことをして「やってやったで!」という報告がマズローで言う「尊厳欲求」「自己実現欲求」ですね。もう完全にFacebookはそれを刺激しています。

そもそもこういうFacebookという恐ろしいツールを使いながらWebの原理主義者を通すことがそもそも間違ってるんじゃァないかと思ったりもするわけなのですが、まぁそれも時代の流れなのかと丸くなるべきなのか、または凶悪原理主義者を通すべきなのか悩むところです。

少なくとも今言えることはこういう時代に逆らって「タグ付けすんなボケ!」「頼まれたポストはFacebookではしないよ」なんてことを暗黙のうちにやっていると、そういう柔軟なプロテスタントなぬるい時代で生きてきた世代(もうこの発言が老害)から「老害」と言われることは避けたいですよねw

とはいえ、Facebookではリアルにお世話になっている人らも沢山いるし、仲良くタグ付けしてもらってる。ありがたいものです。いつでもタグ付けしてください。そんな凶悪原理主義者ではありませんのでよろしくお願いしますm( )m